導入事例

ロジ勤怠システム トップページ  >  勤怠ドライバー  >  導入事例  >  導入事例.2

導入事例.22018/12/4

導入事例.2株式会社緑伸

勤怠ドライバーを知ったきっかけ何でしたか?

事例

知り合いの社長からの紹介です。いろいろと運行管理や労務管理に取り組んでいた時期で、その件で相談したら「勤怠ドライバーすごくいいよ」と勧めてもらったことがきっかけです。

導入の決めては何でしたか?

色々な機能があったのですが、決め手は労働時間を視覚的にも管理しやすそうな感じだったからです。あとは誰がいつどれくらいといった事が目で見てすぐ分かりやすくなる点でしょうか。以前までは手書きの日報を集計するということをやってましたが、本来最終目標であるはずの一人一人の時間や勤怠管理が、集計することが目的となってしまい数字として目立たなかったからですね。

事例

使用してみて社内で変わった点はありますか?

一番労働時間管理に重きをおいていたので、それが日々見えることによって、「ここは時間が超過しそうだな」とか「超過した」といったことが分かるので、まずは管理者の意識が変わり、それに応じてドライバーにも注意するようになりました。荷主との話の中でも具体的に話せるようになってきました。また数値で良いところに関しては、管理者もその部分を考えなくてもいいようになったので、他の業務に注力できるようになったと思います。

現場の反応は如何ですか?

現場のドライバーも、自分がどれだけやったというところは、あまり感じてなかったと思いますが、今回ソフトを入れることで、自分が日々何時間働いているという事が、体感的ではなく数字で見えてきていることで、意識が変わってきたと思います。

事例

これからの勤怠ドライバーに期待する点はありますか?

さらにこうしてほしいといったレベルまでには至っておらず、まずは現状の機能を一つ一つ覚えていこうと思ってます。

その他の導入事例はこちら